おすすめ!Dr.Senobiru

身長で悩んでいるお子さんのために、サプリメントを試してみませんか

小学校高学年や中学生のお子さんをもつお母さん、
ご自分の子どもが周りの子に比べて小柄だ、身長がなかなか伸びず周りの子に抜かれていく、
などのお悩みをお持ちではありませんか?

身長を伸ばすには、栄養・睡眠・運動のバランスが大事ですが、
栄養面では食事で摂るのが難しい栄養素を、サプリメントで補うという方法もあります。

サプリメントには子どもの成長をサポートする栄養素がバランス良く配合されています。
価格も手ごろなものが多く、手軽に試すことができます。

このサイトではそういったサプリメントをご紹介しています。

 

 

1位 Dr.Senobiru

アルギニンでぐんぐん伸びる!60日間返金保証付のDr.Senobiru

成長に大切な栄養素として注目されているアルギニンが
1袋に2,500mgも含まれています。
2袋飲めばそれだけで一日に必要なアルギニンの摂取量を
大幅にカバーできる身長サプリです。

粉末ドリンクタイプなので、持ち運びができ、
いつでもどこでも飲むことができます。

酸味が抑えられたグレープフルーツ味は
毎日飽きずに飲めると評判です。

アルギニン以外にも身長を伸ばすのに有効な成長成分や栄養素が
たっぷりと配合されており、効果的に子供の成長をサポートします。

 

2位 セノビック

5種類のフレーバーが楽しめる成長期応援飲料セノビック

ミルクココア味、いちごミルク味、ヨーグルト味、ポタージュ味、
プロテインinバナナ味の5つの味から選べます。
どれも子供が好きそうな味ばかりなので、味に敏感な子供たちにピッタリです。
飽きっぽくてなかなか続けてくれない子供でもセノビックなら続けられるはずです。
カルシウム・鉄・ビタミンD・ボーンヘップ・乳清プロテイン・オリゴミルなどの
栄養成分がバランス良く配合されています。
販売元が大手製薬会社のロート製薬なので安心感もあります。

 

3位 カルシウムグミ

おやつ感覚で栄養を摂取できる新感覚のサプリメント「カルシウムグミ」

グミの中に子供の成長に大切なカルシウム・亜鉛・マグネシウム・ビタミンDなどの
栄養素がたっぷりと含まれています。

子供たちの意見を参考にして作られたこともあり、食べやすいと好評です。
ヨーグルト味、イチゴ味、グレープ味の中から好きな味が選べるので、
まるでおやつのように召し上がることができます。

返金保証・無料サンプルといったサービスも行っているから、
初めて身長サプリを購入される方でも安心です。

普通のグミとは違い低カロリーなので肥満のリスクもありません。

 

4位 カラダアルファ

成長期におすすめ!10代専門の身長サプリ!カラダアルファ(α)

成長期に必要な栄養素が絶妙のバランスで配合されており、
子供の身長を効率良く伸ばすことができます。
タンパク質・亜鉛・カルシウム・ビタミンD・鉄・マグネシウム・食物繊維など
様々な栄養素が含まれています。
コラーゲン、アクアミネラル、ひじき末、スピルリナといった4つの天然由来成分を
使っているので安全面も心配ありません。
さらに着色料や保存料も使用されておらず、賦形剤もごくわずかという徹底ぶりです。
一般的な粒状のサプリメントよりもサイズが小さく、
飲みやすさにもこだわりが感じられます。

 

5位 のび×のび

安眠効果も期待できる!トリプトファン配合のサプリメントのび×のび

快適な眠りに導くトリプトファンが配合されています。
のび×のびを飲むことでぐっすりと眠りにつくことができ、
成長ホルモンの分泌が活発になります。
不足しがちだといわれているカルシウムをはじめ、
成長ホルモンの分泌を促すアルギニン、骨の成長を促す酵母ペプチドYGF、
学習力のアップが期待できるDHAなども含まれています。
子供が大好きなココア味なので、
小学生から高校生まで美味しく召し上がることができます。
お求めやすい価格なので続けやすいです。

 

 

身長を遺伝で片づけるのはもったいない

みなさん子供の身長が低いと「私の子供だから背が低いのは仕方がない」と考えてしまいがちです。
たしかに遺伝が身長に全く影響がない訳ではなく、
身長が高い親の子供は同じように高身長という傾向があります。

しかし、遺伝するのはたったの2割~3割程度なので、遺伝だけで最終身長が決まることはありません。
身長が低い親の子供でも高身長になる可能性は十分秘めています。

身長の低さを遺伝のせいだと思い込み、諦めてしまっている方が非常に多いですが、
大事なのは生活習慣です。
遺伝よりも睡眠・食事・運動の3つの要素が
身長を伸ばす最も大切なポイントになります。
身長が低い子供はこの3つに問題がある可能性が高いです。

例えば、毎日遅くまで起きていて睡眠時間が短かったり、
好き嫌いが多くて栄養バランスが悪かったり、
運動が嫌いで体をほとんど動かさないような子供は身長が伸びづらいです。
小学校高学年から中学生は最も身長が伸びる成長期なので、
ここで不規則な生活習慣をしてしまうと最終身長が小さくなります。

この成長期にどれだけ身長を伸ばせるのかが鍵となるため、
まずは日頃の生活習慣を見直すところから始めてください。
たったそれだけでも身長が急激に伸びるきっかけになります。

 

 

中学生の身長コンプレックス

身長にコンプレックスを抱えているのは何も大人だけではありません。
子供だって身長にコンプレックスを感じて、
「どうして自分は小さいんだろう」と悩んでいるケースも多いです。

小学生くらいまではどの子供もさほど身長は変わりませんが、中学生になると一気に差が出始めます。
場合によっては、たった1年で10cmくらい差をつけられてしまうこともあるでしょう。
小さい頃は身長の低さを意識していなくても思春期になると周囲の目が気になり始め、
自分の背の低さにコンプレックスを抱くようになります。

高校生になってから急激に伸びる子供もいますが、
やはり中学生の時に伸びないと高身長を目指すのは難しいです。
特に男の子の場合は中学生時代が一番身長が伸びる時期なので、
ここを逃してしまうと高校生で身長が伸びても平均身長に達しない可能性が高いです。

親からすれば「身長くらい」と思うかもしれませんが、子供にとって身長は非常に重要な問題です。
身長が低いとスポーツで不利なことが多いですし、クラスメイトからからかわれることもあるでしょう。
それがストレスになり、部屋に引きこもってしまったり、
身長を気にするあまり心の病に発展する可能性だってあります。

もちろん、中には全く身長が低いことを気にしない子供もいるので、
一概に身長が低いからといって全員が全員悩んでいるとは限りません。

ただ、自分の子供が身長で悩んでいるようであれば、何かしらのサポートをしてあげてください。
もしかすると身長の低さをコンプレックスに感じて苦しんでいるかもしれません。

 

 

身長が高い子供と低い子供の違い

身長が高い子供もいれば、低い子供いますが、どうして違いが生まれるのでしょうか?

もちろん、遺伝も関係していますが、一番の違いは生活習慣や食生活です。
子供の成長は生活習慣や食生活の影響を非常に大きく受けるので、これが一番の違いだといっていいでしょう。

身長が高い子供は身長が高くなる生活をしていて、身長が低い子供は身長が伸びづらい生活をしています。
タンパク質・カルシウム・亜鉛・マグネシウムなど成長に必要な栄養素をバランス良く摂り、
十分な睡眠と適度な運動をしていれば、身長が自然に伸びていきます。
しかし、栄養バランスが悪く、睡眠も運動も不十分な生活をしていると身長が伸びません。
これが身長が高い子供と低い子供の生活の違いです。

中でも食事が身長に与える影響は大きく、
栄養バランスのいい食事と栄養バランスが悪い食事をしている子供では
全く身長の伸びが違います。
身長を伸ばすには、毎日栄養バランスのいい食事をとるというのが
必要不可欠です。

ただ、食事だけでは補えない栄養素もあるので、
その際に身長サプリを使用するという方法もあります。

「子供にサプリメント?」と抵抗を感じるかもしれませんが、
含まれているのは成長に必要な栄養素だけなので心配する必要はありません。

子供の身長を伸ばしたいと考えている方は身長サプリを有効活用してください

 

 

ページの先頭へ戻る