努力しても伸びない原因

食事が原因で伸びない
栄養バランスが悪い
身長の伸びが悪い場合、真っ先に考えられるのが栄養バランスの悪さです。
栄養バランスの悪い食事をしているといつまで経っても身長を伸ばすことができません。
特に子供の場合は好き嫌いが多いため、栄養バランスが悪くなりがちです。
大人が意識しないと子供は好きなものばかり食べて、栄養が偏ってしまいます。
身長を伸ばすためにもカルシウムやタンパク質、マグネシウム、亜鉛といった成長に必要な栄養素をしっかりと摂らないといけません。
もちろん、この他にもビタミン類や食物繊維、鉄などといった栄養素も成長には欠かすことができません。

そして、中でも意識して摂らないといけないのがカルシウムです。
カルシウムは普段の食事だけで必要量を摂るのが難しいといわれており、日本人は深刻なカルシウム不足に陥っています。
だからこそ、牛乳を飲んだ方がいいといわれているのですが、牛乳には脂肪分も多く含まれているので大量に飲むと肥満になる危険があります。
そこで今注目されているのが身長サプリです。
身長サプリにはカルシウムを始め、タンパク質やマグネシウム、亜鉛など身長を伸ばすのに大切な栄養素がバランス良く配合されています。
食事だけでは十分に摂れない栄養素をサプリメントで補うというのもいいかもしれません。

 

お菓子の食べ過ぎ

子供は基本的にご飯よりもお菓子が好きなので、大人が気をつけないとお腹いっぱい食べてしまいます。
お菓子を食事前にたくさん食べてしまうとお腹がいっぱいになってしまって、ご飯を食べることができなくなります。
そうすると身長を伸ばすのに必要な栄養を十分に摂ることができないので、背が伸びづらくなるかもしれません。
間食をさせるのは悪いことではありませんが、くれぐれも食べ過ぎには注意してください。

またお菓子をたくさん食べてしまうと肥満になる可能性が高くなります。
肥満になると成長ホルモンの分泌が低下するといわれているので、身長の伸びに大きな悪影響を与えます。
身長だけではなく健康にも悪影響なので、肥満を防ぐためにもお菓子の量には気をつけないといけません。

しかし、中学生になるとお腹の減りが大きいため、食事の時間まで我慢できないという子供もいるはずです。
そういった場合はカロリーが高いポテトチップスやチョコレートなどではなく、低カロリーのおやつを食べさせるというのも解決方法のひとつです。
ただいくら低カロリーといっても食べ過ぎるとそれなりのカロリーになりますし、お腹がいっぱいになってしまって食事を残すかもしれないので注意しましょう。

 

食品添加物の影響
毎日手作り料理を作るのはとても大変なので、冷凍食品やお惣菜などを食卓に並べることもあるでしょう。
しかし、スーパーやコンビニで販売されている加工食品には必ずといっていいほど保存料や着色料などの食品添加物が含まれているので注意してください。
食品添加物がなんとなく体に悪いというのはみなさんも知っていると思いますが、実は身長には影響を及ぼしてしまいます。

リン酸塩やフィチン酸などの添加物には体内のマグネシウムやカルシウム、亜鉛といったミネラルを体外に排出させる働きがあります。
これらのミネラルは身長を伸ばすために大切な栄養素なので、体外に排出されてしまうと背が伸びづらくなります。
食品添加物の多く含まれたものを食べさせているとせっかくの成長期を無駄に過ごすことになります。
そして、やっかいなのが食品添加物が含まれたものほど子供が好む傾向があります。
ポテトチップスやジュース、アイスクリームなどには食品添加物がたっぷりと含まれているので、子供の身長や健康のことを考えるのであれば、食べさせないに越したことはありません。
しかし、加工食品を全く食べないというのは現実問題難しいので、少しでも減らすという意識を強く持つことが大切です。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る