努力しても伸びない原因

運動不足が原因で伸びない
運動不足
中学生になるとさすがに公園で遊ぶのは無理があるので、部活に入っていないとなかなか体を動かす機会がありません。
だからといって何もしないと運動不足になり、身長が伸びない原因を作ってしまいます。
体を動かすと成長ホルモンが分泌されるため、成長期の運動は欠かすことができません。
また縦方向に圧を加える運動を行うと骨に刺激を与え、骨の成長を促すことができます。
だからこそ、身長を伸ばすためには運動をした方がいいといわれているのです。

そのため、運動不足の子供の場合は体を少しでも動かすようにしてください。
理想は身長が伸びやすいバスケットボールやバレーボール、ダンスといった飛んだり跳ねたりする運動がおすすめですが、好き嫌いもあるでしょう。
子供がやりたくない運動を強制的にさせてもストレスを与えてしまって逆効果になります。
その場合は無理にスポーツをさせるのではなく、ジョギングや縄跳びをさせてください。
ジョギングや縄跳びもバレーボール・バスケットボールと同じように縦方向に圧を加える運動なので、身長を伸ばすのに最適です。
ジョギングや縄跳びなら部活に入らなくてもできますし、適度にカロリーも消費できるので肥満防止にもなります。

 

過度な運動

身長を伸ばすために運動をするのはいいことですが、だからといってやり過ぎるのは良くありません。
過度な運動は身長をストップさせる原因になります。
これはあまりにもハードな運動をすることで、成長ホルモンではなく、性ホルモンの分泌が活発になってしまうからです。
性ホルモンの分泌が活発になると思春期が早くきてしまい、成長が早めに止まってしまいます。
そうすると結果的に最終身長が低くなるという訳です。
運動不足も過度な運動も駄目なので、バランスを考えて体を動かすようにしてください。

また過度な運動は睡眠の質を下げる原因にもなります。
激しい運動をすると交感神経の働きが優位になり、興奮状態になるため、寝つきが悪くなります。
体が疲れているのに眠れない場合は運動のしすぎかもしれないので注意してください。
さらに朝の運動はほどほどにしてください。
朝練をしている子供も多いと思いますが、朝からハードな運動をすると授業中に強い睡魔が襲ってきます。
これでは勉強に支障をきたしますし、自宅に帰ってから少しでも寝てしまうと夜眠れなくなる可能性があります。

運動をすれば身長が伸ばせると思ってくたくたになるまでしてしまう方もいますが、それは逆効果になるので気をつけましょう。

 

間違った筋トレ
筋トレが原因で身長が止まってしまうことがあるので気をつけてください。
筋トレをやり過ぎると骨や筋肉に大きなダメージを与えてしまって、身長が伸びづらくなります。
またハードな筋トレをすることで性ホルモンの分泌を促し、思春期の訪れを早めてしまいます。
そのため、筋トレをしない方がいいといわれていますが、身長に悪影響を与えるのはあくまでも間違った筋トレをした場合です。
正しい方法で行えば全く問題はなく、むしろ成長ホルモンの分泌にいいですし、健康的な体を作るためにも必要なことです。
では、どのような筋トレを行えば身長に影響を与えずに済むのでしょうか?

まず、1部分だけを鍛えるような筋トレは身長をストップさせてしまうので避けてください。
全身をバランス良く鍛えるのが理想です。
重りやダンベル、ゴムなどを使わないというのも重要なポイントです。
こういった負荷を与えるものを使用するとオーバートレーニングになり、成長に悪影響を与えます。
成長期に負荷をかけすぎると最終身長が低くなりやすいです。
筋トレをする場合は毎日続けずに必ず回復期間を設けるようにしてください。
24時間~5日間くらいの回復期間を設けないと筋肉がつきづらいですし、体に大きな負担をかけてしまいます

 

 

 

おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る