知っておきたい身長の話

子供の成長
男の子よりも女の子の方が成長が早い

よく男の子よりも女の子の方が成長が早い印象がありますが、これは単なるイメージではなく事実です。
女の子は小学校高学年から中学生にかけて成長期を迎え、男の子は中学生から高校生くらいでようやく成長期が訪れます。
男の子は女の子と比べると約2年ほど成長期の訪れが遅いため、小学生くらいまでは女の子の方が身長が高いケースが多いです。
ただ、思春期が遅い女の子だと身長がストップする時期も遅くなるので、高身長になる可能性があります。
女の子の思春期の遅い早いは初潮のタイミングで判断することができます。

また、身長が高いだけではなく、大人の体になるのも女の子の方が早いです。
男の子の場合、中学生また高校生になってようやく少しずつ男性らしい体つきになってきますが、女の子の場合は小学校高学年から徐々に女性らしい体につきになっていきます。
さらに女性は男性よりも精神年齢が高く、一般的に男性は女性よりも精神年齢が10歳低いといわれています。
これには様々な理由が考えられますが、やはり子供を産み育てることができるというのが大きいのかもしれません。
男の子よりも女の子の方がしっかりしているのも精神年齢が大きく関係していると考えていいでしょう。

 

日本人の平均身長
日本人は身長が低いといわれていますが、世界と比べるとどのくらい低いのか気になりますよね?
身長が安定しやすい17歳の日本人の平均身長は男性で170.7cm、女性で158.0cmです。
世界一身長が高い国として知られているオランダの平均身長は男性が183.7cm、女性が169.3cmです。
男性で13cm、女性で11cmも身長に開きがあります。

ただ、小学生や中学生くらいまでは日本人の子供とそこまで身長は変わりません。
それなのにどうしてここまで身長に開きが生まれるのかというと身長が伸びる期間が関係しています。
オランダなどの欧米諸国の子供たちは身長が伸びる期間が長いため、高身長になりやすいです。
日本人だと中学生くらいで身長がストップし、高校生になって伸びたとしても10cmも20cmも伸びません。
一方、高身長の国の子供たちは高校生以降も伸びるので、17歳の時点で大きく差が出てしまいます。

つまり、日本人は思春期の訪れが早いということです。
思春期が早く訪れてしまうため、それだけ身長が伸びる期間が短くて、逆にオランダの場合は思春期の訪れが遅いため、身長が伸びる期間が長いといわれています。
生活習慣が乱れていると思春期の訪れが早くなるので、そこに身長を伸ばすヒントが隠されています。

 

骨端線と身長の関係性
みなさんは「骨端線」をご存じでしょうか?
知らない方も多いと思いますが、骨端線とは骨の先端と幹の部分を繋いでいる線のことです。
レントゲンを撮ることによって骨端線を確認できます。
年齢を重ねていくごとに骨端線はなくなっていき、骨の成長がストップします。
つまり、大人になっても骨端線があればまだ身長が伸びるということになります。

骨端線は一般的に男性の場合は17歳前後、女性の場合は15歳前後でなくなるといわれています。
ただ、中には大人になってもなくならず、残っている方もいます。
そういった方はまだ身長が伸びる可能性があるので、努力をすれば数cm伸びるかもしれません。
思春期を迎えるのが遅い子供ほど骨端線がなくなるのも遅くなります。
そのため、身長を伸ばすためにはこの骨端線がなくなる前にできることを全てやらないといけません。
身長サプリを飲むのなら骨端線があるうちに飲まないと効果が出ません。
身長の伸びがあまりにも悪いと感じる場合は病院に行って、レントゲンで骨端線を確認するのもいいでしょう。
ただし、病院によって断るところもあります。

骨端線が早めになくならないように正しい生活習慣を続けて、思春期がくるのを遅くすることが大切です。

 

 

 

おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る