知っておきたい身長の話

遺伝と身長の関係性
遺伝の影響はたったの2割から3割
子供の身長が遺伝で決まってしまうのであれば、背を伸ばす努力は無意味ですよね?
一般的に子供の身長は遺伝の影響が大きいという風潮が強いので、無意味だと思っている方も少なくないはずです。
しかし、それは誤った情報なので、遺伝だから仕方がないと諦めてしまうのは早いです。
実は遺伝が身長に与える影響は約2割から3割程度だといわれています。
7割や8割くらい身長に影響を与えるイメージがありますが、実際はこのくらいしか影響がないのです。
このことを知らずに遺伝だからという理由で諦めてしまっている方が多いです。
つまり、親の身長が低くても子供が高身長になる可能性があるということです。

例えば、スポーツ選手の両親を見てみると子供よりも明らかに小さいケースが多々あります。
子供は高身長なのに父親は母親は標準またはそれ以下という場合もあるので、遺伝だけで最終身長が決まるということはありません。
2、3割なので影響が全くないとはいえませんが、あくまでもその身長になりやすいだけで、身長が高くなるか低くなるかはもっと他の部分が影響してきます。
その他の部分というのが食事・睡眠・運動の3つです。
十分な栄養を摂って、たっぷりと睡眠をとり、元気に体を動かしていれば自ずと身長は伸びていきます。

 

生活習慣が最も重要
遺伝が慎重に与える影響は2割や3割程度だといわれているので、残りの7割や8割は後天的要因です。
この場合の後天的要因とは食事・睡眠・運動といった生活習慣のことを指します。
親の身長が低くても生活習慣に気をつければ、ぐんぐん身長は伸びていき、やがて両親の身長を超すくらい大きくなるはずです。

生活習慣に気をつけているけど身長が伸びないという方は、何か見落としていることがあるかもしれません。
たくさん栄養を摂っているつもりでも特定の栄養素に偏っていてバランスが悪かったり、しっかりと吸収されていない場合があります。
また栄養は摂れていてもお菓子に含まれている添加物のせいで身長の伸びを妨げている恐れがありますし、栄養はバランス良く摂っていても食事量が少なく栄養不足というケースも珍しくありません。
他にも睡眠時間は十分だけど睡眠の質が悪かったり、運動はしているけど筋トレ中心という場合も身長は伸びません。
そして、当然食事が完璧でも睡眠や運動に問題がある場合や、睡眠と運動は完璧だけど食事に問題がある場合も身長を伸ばすことはできません。
食事・睡眠・運動のどれかひとつにでも問題があれば、身長は伸びないので3つとも完璧にする必要があります。

 

生活環境も関係している?
生活環境も身長に与える影響が大きく、家庭環境が悪いと低身長になりやすいといわれています。
これは家庭環境の悪さから生まれるストレスが深く関係しています。
両親が毎日ケンカしているとそれがストレスになり、身長の増加を妨げることになります。
例えば、両親が離婚した直後は身長の伸びが著しく低下しても、家庭環境が改善された途端に身長が伸びることがよくあります。
子供がすくすく成長するためには居心地のいい家庭環境を作る必要があるのです。
特に中学生ともなると精神的に不安定な時期なのでストレスを感じやすいです。
そのため、中学生になっても身長がなかなか伸びない場合はストレスによる影響も考えられます。

そして、思春期になると親に反抗することが多くなります。
今まで口答えをしなかった子供が急に汚い言葉を使うようになったり、言う事を聞かない時もあるでしょう。
そこで口うるさく注意したり、叱ったりするとさらにストレスを与えることになり、より一層反抗するようになりますし、身長にも悪影響を及ぼします。
時には叱ることも大切ですが、子供も何か理由があってそのことをしている可能性があるので、温かく見守ったり、じっくりと話を聞いてあげることも重要です。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る