中学生が身長を伸ばす方法

運動で身長を伸ばす
運動と身長の関係
運動をすると背が伸びづらいという噂もありますが、それはあくまでも噂なので気にする必要はありません。
たしかに骨に過度な負担をかけるような運動や一部の筋肉のみを鍛えるような運動を続けていると身長が伸びづらいですが、それ以外の運動であれば全く問題ありませんし、むしろ運動をしないのは身長にも健康にも良くありません。
では、運動と身長にはどのような関係があるのでしょうか?

まず、運動をすることで成長ホルモンの分泌を促すことができます。
成長ホルモンは寝ている時に分泌されることで知られていますが、実は体を動かすことによっても分泌されます。
成長ホルモンが分泌量が多くなれば多くなるほど身長の伸びが良くなるので、積極的に運動をしてください。
小学校の時は身長が小さくて中学校でスポーツを始めてから身長が急激に伸びるなんてことも珍しくありません。
子供が身長を気にされているのであれば、スポーツを始めるように勧めてみるのもいいでしょう。

体を動かす習慣をつけると食欲が増し、栄養をしっかりと補給することができます。
運動不足の場合、お腹が空かないので食事量が少なく、成長に必要な栄養素を十分に摂取できません。
それを防ぐためにも体を動かして、お腹を減らすというのも非常に効果的な方法です。
さらに体を疲れさせることによって、たっぷりと睡眠時間をとることもできるので、運動は身長を伸ばすのに欠かせない要素だと考えてください。

 

身長増加に向いている運動とは?
どんな運動が身長増加に向いているのか気になりますよね?
身長を伸ばすのにおすすめなのは骨に縦方向の圧力がかかる運動です。
骨に縦方向の圧力を加えると骨に適度な刺激を与えることができ、骨の成長が促されます。
具体的に有効なスポーツを挙げるとバスケットボール、バレーボール、ダンス、ジョギング、縄跳びといったものです。
これらのスポーツにはジャンプをするという共通点があります。
そのため、バスケットボール選手やバレーボール選手の身長が大きいのは必然といっていいかもしれません。

また、スポーツとはいえないですが、ラジオ体操も身長を伸ばすのにおすすめです。
ラジオ体操にもジャンプしたり、体を伸ばす運動が含まれています。
バスケットボールやバレーボールといったスポーツをするよりも体力を使わないので、運動が苦手な子供や運動不足の子供でも気軽に始めることができますし、長く続けられます。
身長を伸ばすのにスポーツが一番ですが、難しい場合はラジオ体操でも十分成長ホルモンを分泌できるので、今からでも始めてみてはいかがでしょうか。

そして、ストレッチも身長増加に効果的な運動です。
成長ホルモンを分泌させることができますし、凝り固まった筋肉をほぐすことで血流も良くなり、睡眠にもいい影響を与えます。

 

身長増加に向かない運動とは?
身長増加に向いている運動があれば、向かない運動もあります。
向かない運動を続けることで、身長の伸びを妨げてしまう可能性があるので注意しないといけません。

まず、子供に好きでもない運動を無理やりさせるのは絶対にやめてください。
子供の身長を伸ばしたいからといって、運動嫌いな子供に無理やりスポーツを始めさせたり、本当は野球がしたいのにバスケットボールをさせるといったことは絶対にしてはいけません。
身長の伸びは精神面とも大きく関係していて、過度なストレスを受けることで身長がストップする可能性があります。
身長を伸ばすためにスポーツをさせたのにそれが原因で身長が伸びなくなっては本末転倒です。
親が強引に押し付けるのではなく、子供の好きなスポーツをさせてあげましょう。
中学生にもなれば、好きなスポーツのひとつやふたつあるはずです。

また、激しい運動や一部の筋肉だけを鍛えるような運動は身長増加の妨げになります。
運動するのはいいことですが、やり過ぎは良くありません。
あまりにもハードな運動は筋肉を傷めてしまって身長の伸びに悪影響を及ぼしますし、ダンベルやゴムを使用した一部の筋肉に過度な負荷をかけるものも避けてください。
筋トレをした場合は24時間~5日間程度の回復時間を設けるようにしましょう。

 

 

 

おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る