中学生が身長を伸ばす方法

睡眠で身長を伸ばす
寝る子は育つ
昔から「寝る子は育つ」といわれていますが、これには科学的根拠があります。
睡眠は子供の成長と大きく関係しており、睡眠時間や睡眠の質によって身長の伸びに影響を与えます。
身長の伸びが悪い場合、しっかりと睡眠がとれているのかチェックした方がいいかもしれません。

身長を伸ばすために大事なことは成長ホルモンを分泌させることです。
成長ホルモンが分泌されると身長がすくすく伸びていくので、できる限りたくさん分泌させることが大切です。
この成長ホルモンが最も大量に分泌されるタイミングが寝ている時です。
しかし、生活習慣が乱れが原因で睡眠の質が悪くなると成長ホルモンの分泌が低下します。
ただ寝ればいいというものではなく、睡眠の質にもこだわる必要があります。

また、睡眠の質が悪くなったり、不摂生な生活習慣を続けているとメラトニンと呼ばれるホルモンの分泌が悪くなります。
メラトニンは思春期の始まりを遅くする働きを持っています。
最終身長は思春期の始まりが遅い方が高くなるといわれているので、身長を高くするためにもメラトニンの分泌を活発にしないといけません。
夜更かしをしたり、睡眠時間が足りないとメラトニンの分泌にも支障をきたすので、なるべく早めにお休みになるようにしてください。

 

日本人は睡眠時間が短い?
よく日本人の睡眠時間は他の国の人と比べると短いといわれていますよね?
これは本当のことで、大人だけではなく子供の睡眠時間も国際的に見て少ないです。
子供の睡眠時間は塾や習い事、テレビゲーム、インターネットの影響もあり、年々短くなっています。
睡眠時間が不十分だと成長ホルモンの分泌を低下させ、子供の成長に支障をきたします。
では、欧米と日本ではどのくらい睡眠時間に違いがあるのでしょうか?

まず、日本の中学生の睡眠時間は平均7時間程度だといわれています。
それなりに取っている印象もありますが、アメリカの中学生は7時間半程度、ヨーロッパの国々にいたっては8時間半~9時間半程度です。
日本の中学生はヨーロッパと比べると1時間半以上も睡眠時間が少ないです。

日本人と欧米人の身長を比較した場合、明らかに欧米人の方が高いですよね?
そして、子供の頃から身長に差があるイメージが強いですが、実は中学生くらいまで日本人も欧米人も変わらないです。
日本人は早ければ中学生くらいで身長がストップしてしまいますが、欧米人は高校生や大学生、または社会人になってもまだまだ伸びます。
これは思春期の睡眠時間が大きく関係しているかもしれません。

 

睡眠の質を高めて身長アップ
身長を伸ばすには睡眠時間も大事ですが、質も非常に重要になってきます。
寝ている時に最も成長ホルモンが分泌される時間帯は夜の10時~深夜2時です。
この時間帯に寝ることで、より多くの成長ホルモンを分泌させることができます。
中学生にとって夜10時というのは多少早いと感じるかもしれませんが、身長を伸ばしたいのであれば、9時半くらいには寝る準備をして、10時には就寝というのが理想です。

寝る直前に食べ物を口にしないというのも睡眠の質を高めるために大切です。
寝る直前に物を食べてしまうとお腹の中で消化されないまま眠りにつくことになります。
そうすると眠りが浅くなってしまって、成長ホルモンの分泌が低下します。
さらに胃もたれを起こして、朝食を食べられない状態も作ってしまうので、寝る2時間前は何も食べないようにしてください。

そして、寝る前にテレビやゲームなどの強い光を浴びてしまうと脳を活発にさせてしまいます。
脳が活発になると目が冴えてしまって寝つきが悪くなるので、寝る前にはテレビやゲームを控えるようにしましょう。
テレビやゲームの光は思春期の時期を遅らすメラトニンの分泌を抑制する働きもあります。
また寝る前に子供を叱ると興奮して寝つきが悪くなるので注意しましょう。

 

 

 

おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る