中学生が身長を伸ばす方法

思春期の悩みを解消して身長を伸ばす
思春期のストレスは成長に悪影響?
中学生になると小学生の頃とは違って、色々な悩みを抱えることになります。
人間関係や親子関係、将来への不安、失恋、部活、勉強など悩みを挙げていったらキリがありません。
こういった悩みを経験して、大人になっていくので、子供にとっては乗り越えないといけない壁です。
しかし、あまりにも強いストレスを受け続けると成長に悪影響を及ぼすといわれています。
強いストレスを受けると成長ホルモンの分泌が低下する可能性があります。
成長ホルモンが少なくなるというのは身長の伸びに直結する重大な問題です。
さらにストレスで食欲不振に陥ると十分な栄養を摂ることができませんし、寝つきが悪くなると成長ホルモンの分泌が少なくなります。

しかし、だからといって全てのストレスが悪いという訳ではありません。
自分から進んで何かをやろうと思って感じるストレスはいいストレスですが、誰かに強制されて何かをやらされる時に発生するストレスは悪いストレスです。
勉強を無理やりさせたり、やりたくもないスポーツを強制させたりするのは悪いストレスになるのでやめてください。
ストレスの種類によって悪いストレスといいストレスがあるので、子供が受けているストレスがどちらなのか考えてあげてください。
思春期は精神的な不安定な時期なので、しっかりと見守ってあげることが大切です。

 

ニキビの悩み
誰もが経験する思春期の悩みといえばニキビですよね?
性別に関係なく、中学生になるとニキビに悩まされている子供が多くなります。
思春期になると子供の体から大人の体に変化していく過程でホルモンバランスが乱れてしまいます。
そうすると皮脂の分泌が多くなり、ニキビができやすくなります。
ニキビが直接的に身長を伸びを阻害するという訳ではありませんが、間接的に影響を及ぼす可能性は十分考えられます。

男性ならまだしも女性にとって肌トラブルは深刻な問題です。
ニキビが大きなストレスになって、眠れなくなることもあるでしょう。
寝つきが悪くなると成長ホルモンの分泌が悪くなるので、身長に悪影響を及ぼします。
またニキビを治すために脂肪分の多いものを極端に控えて、野菜だけを食べるといった食生活になってしまうと栄養が偏ってしまいます。
このように間接的に身長の伸びを妨げてしまうので、ニキビの悩みを早めに解決するというのも大切です。

ニキビを改善するのに最も重要なことは洗顔です。
朝と夜の1日2回必ず洗顔を行って皮脂を洗い流し、毛穴の詰まりを予防してください。
洗顔回数が多いと肌トラブルをさらに悪化させてしまうので、1日2回以上は洗わないようにしましょう。
ゴシゴシ強く洗ってしまうのも肌を傷つけてニキビを悪化させる原因になるので優しくマッサージをするように洗うのがベストです

 

ダイエットの悩み
中学生になると友達やテレビの影響でオシャレに目覚める子供が多いです。
オシャレに目覚めると気になるのが自分の体型です。
特に女の子はこの時期に自分の体型が気になり、ダイエットを始める子も少なくありません。
しかし、ダイエットは子供の成長にマイナスの影響を及ぼす可能性が高いので注意してください。

運動によるダイエットなら問題ありませんが、食事制限ダイエットは危険です。
食事量を減らすということは、成長に必要な栄養を十分に摂取できないということです。
これは身長の伸びに大きな影響を与えます。
また炭水化物を抜くダイエットや野菜のみを食べるダイエットも栄養バランスは偏ってしまうのでおすすめできません。
思春期は最も身長が伸びる時期なので、ここで栄養をしっかりと摂らないと身長を伸ばすことが難しくなります。

ただし、肥満の子供がダイエットをするのは悪いことではありません。
肥満だと成長ホルモンの分泌が悪いといわれているので、身長の伸びを良くしたいなら痩せる必要がありまし、健康面の心配もあるので身長と体重のバランスが悪い場合はダイエットをされた方がいいでしょう。
体重を減らす場合は極端な食事制限をするのではなく、健康的なダイエットを行ってください。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
おすすめ!Dr.Senobiru

 

ページの先頭へ戻る